日本人選手 ヨーロッパのサッカークラブではなかなかレギュラーになれない?

ヘディング

1998年夏に中田英寿選手がイタリア・セリエAのペルージャに移籍して以来、少しずつ日本のJリーグからヨーロッパのサッカークラブに移籍する選手が出てきました。そして近年では、移籍者の数が増えて毎年数多くの選手がヨーロッパのサッカークラブに日本人選手が移籍していますが、完全なレギュラーポジションを掴んでいる人はそんなに多いとは言えません。

理由はいくつか挙げられますがやはり言葉の問題は大きく、日本のJリーグでもFWよりも連携が大事になるDFのポジションでは言葉が通じないことが主な原因で、使われないまま他クラブに放出される外国籍選手がいます。それと同様に、ヨーロッパにおいてもDFのポジションに選手においては語学力が不十分なためになかなかレギュラーポジションを掴めないままシーズンを終えてしまうケースがよくあります。また、日本人の良い所ともされている礼儀正しさや遠慮の心も足手まといになるところがあり、FWなど前のほうのポジションでは気の弱い選手やブレーメンで遠慮しすぎる選手がレギュラーになれないことも起こってきました。そんな中、メンタルの強い選手や海外選手に気持ちで負けない強いハートをもった選手は成功しやすい傾向にあります。

具体的には日本でプレーしていた頃から日本人離れした強いハートを持つ選手として知られてきた中田選手は、世界的ビッグクラブのローマ在籍時を除いて各クラブにてレギュラーとして活躍してきました。また、大阪人独特の強気な性格が持ち味の本田圭佑選手もACミランでの最後年度を除いて、各クラブとして中心選手として活躍してきた歴史をもち、高い語学力と強いハートを持っている事がレギュラーを掴む上で大事と言えます。